menu

赤い羽根共同募金70周年チャリティコンサート

公開日:2017年09月06日 カテゴリー:新着情報 タグ:

赤い羽根共同募金70周年チャリティコンサート「ラディアントアンサンブル with オペラ~名曲で紡ぐ愛の世界」

日時 平成29年10月1日(日)14時開演(13時30分開場)
会場 流山市生涯学習センター(流山エルズ)多目的ホール
チケット 前売は生涯学習センター友の会1,500円、一般2,000円、高校生以下500円、当日販売は生涯学習センター友の会2,000円、一般2,500円、高校生以下1,000円(流山市生涯学習センターで電話等でのご予約も承ります)

演奏予定曲 愛の挨拶(エルガー)、ニューシネマパラダイス・メドレー(エンニオ・モリコーネ)、歌劇「椿姫」より乾杯の歌(ヴェルディ)、歌劇「フィガロの結婚」より恋とはどんなものかしら(モーツアルト) 

定員 250名
主催 流山市生涯学習センター指定管理者アクティオ株式会社
共催 社会福祉法人流山市社会福祉協議会、社会福祉法人千葉県共同募金会流山市支会

募金 平成29年10月1日(日)は、70周年を迎えた赤い羽根共同募金の活動初日となることから会場に募金箱を置かせていただきます。

出演者 真鍋知子(フルート)、谷口宏樹(チェロ)、二戸麻衣子(ピアノ)、佐藤慈雨(テノール)、佐藤亜理沙(ソプラノ)、森垣 悠美(ヴィオラ)の皆さん。

お問い合わせ 流山市生涯学習センター(流山エルズ) 04-7150-7474

赤い羽根共同募金70周年
赤い羽根で親しまれている共同募金は、第二次世界大戦後、昭和22(1947)年に「国民たすけあい運動」として始まりました。
「困ったときはお互いさま」の気持ちから、第1回目の共同募金では、およそ6億円の浄財が寄せられました。現在の貨幣価値にすると1,200億円に相当すると言われています。
現在では、「社会福祉法」に定められた地域福祉の推進を目的に、地域課題に取り組む民間団体を支援する「じぶんの町を良くするしくみ。」として地域のさまざまな福祉活動を支援しています。
共同募金70周年を迎えることを契機に、千葉県共同募金会流山市支会(流山市社会福祉協議会内)では、10月1日(日)のこのチャリティコンサートをはじめ、赤い羽根のポスターで70年の歴史を振り返る企画展を森の図書館で、さらに流山おおたかの森駅など駅前での街頭募金や市民まつりなどイベント会場での募金活動などを積極的に開催してまいります。

出演者プロフィール

真鍋知子(まなべともこ) Flute

桐朋学園大学音楽学部演奏学科フルート専攻卒業、同大学研究科修了。(財)よんでん文化振興財団奨学生。第11回日本フルートコンベンションコンクールアンサンブル部門第2位。別府アルゲリッチ音楽祭に首席フルート奏者として出演。宮日音楽コンクール管楽器部門において、最優秀賞及び最高位のグランプリに輝く。コンサートシリーズ「フランス音楽の軌跡」を2010年からスタート。マスターソムリエ 高野豊氏による「クラシックとワインのいい関係~ワイン物語~」では、毎回レギュラー出演している。豪華客船でのメインショーなどにも出演し、演奏・演出ともに好評を博す。室内楽の他に、フルートカルテット「奏~kanade~」、フルートオーケストラ「FOJ-フォージェ-」メンバーとしても活動している。

佐藤亜理沙(さとうありさ) Soprano

青森県出身。東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。現在、同大学院修士課程声楽専攻(独唱)3年次に在籍中。 2017年 マリエッラ・デヴィーア マスタークラスオーディションに合格、新国立劇場オペラパレスにて「オペラアリアコンサート」出演。第21回コンセール・マロニエ21入選。2017年度 東京藝術大学モーニングコンサートにて高関健 指揮、藝大フィルハーモニア管弦楽団と共演。 これまでに、太田直樹、寺谷千枝子、手嶋眞佐子の各氏に師事。

二戸麻衣子(にとまいこ) Piano

東京音楽大学ピアノ演奏家コース首席卒業。同大学院修了。ザルツブルク・モーツァルテウムサマーアカデミーを奨学金生として受講。神奈川フィルなど様々なオーケストラとコンチェルトを共演。現在帝京平成大学非常勤講師。近年はラウンジ、ブライダル奏者としても幅広く活躍。YouTubeピアニストにとまいこチャンネルは再生回数500万回を越える。「奏 かなで Play for you」と題した自身の企画で0歳からの親子コンサートやピアノアンサンブルによるコンサートなど精力的に活動を展開している。2015年クラシックピアノ名曲集によるファーストアルバム「Brilliant」をリリース。

谷口宏樹(たにぐちひろき) Cello

神奈川県横浜市出身。8歳よりチェロを始める。東京音楽大学を卒業。現在は、室内楽、オーケストラプレイヤーとして東京を拠点に活躍するほか、テレビ収録、レコーディング、ライブサポート、イベント等、様々な舞台への出演をはじめ、 NHK「ゆうがたクインテット」にて演奏指導を勤めるなど、幅広い活動を展開している。 ホテルオークラ・バロンコンサート、ホテル談露館ディナーショー、FESTIVAL MUSIK GEDUNG KESENIAN JAKARTAなど、これまで多数の演奏会に出演。栃木フィルハーモニー交響楽団とコンチェルトを共演。Raylow Quartetチェロ奏者。

佐藤慈雨(さとうじう) Tenor

福島県出身。国立音楽大学演奏学科声楽専修卒業。(公財)日本オペラ振興会オペラ歌手育成部第31期マスター修了。伊 パルマ、パドヴァにて研鑽。同調会新人演奏会、伊 セルヴァッツァーノコンサート、新宿モノリスソロコンサート、日墺文化交流会、フェスタサマーミューザKAWASAKI2015、JOFフレッシュコンサート、南会津「第九」ソリスト等で出演。万里の長城杯国際音楽コンクール優秀賞。TIAA日本クラシック音楽コンサート奨励賞。オペラでは「リタ」ベッペ、「カルメン」レメンダード、 「ジャンニ・スキッキ」リヌッチョ、「セビリャの理髪師」アルマヴィーヴァ伯爵、「愛の妙薬」ネモリーノ、「こうもり」アルフレード、「ランメルモールのルチア」エドガルド、「フィガロの結婚」バジリオ、「アマールと夜の訪問者」カスパール、「劇場支配人」フォルテ、「道化師」ペッペ役で出演。
また稲垣吾郎主演舞台「No.9 不滅の旋律」、真矢みき主演舞台「ドラマティック古事記」アンサンブル出演など多方面でも活動。阪路尚枝、岩渕嘉瑩、渡辺多津彦、小林一男、上原正敏、久保晃子、R.コルテージ、F.マッサーロの各氏に師事。藤原歌劇団準団員。 町田シティオペラ協会会員。

森垣 悠美(もりがき ゆみ) Viola

東京生まれ。 桐朋学園『子供のための音楽教室』仙川本室に入室。 東京音楽大学付属高等学校を経て、同大学、同大学院音楽研究科科目履修生を修了。 第19回江戸川区新人オーディションに合格。 東京フィル室内合奏団とアトリウムコンサートにて演奏。 オマーン、ノルウェー、ブルガリア等、各大使館でオープニング式典及びパーティーで演奏。 2010年、姉の静香とデュオコンサートを行う。2012年にソロリサイタルを東京で行う。ヴァイオリンを鷲見健彰、山岡耕筰、横山俊朗、海野義雄、室内楽を金木博幸の各氏に師事。 2010年より東邦音楽大学オーケストラ研究員。 練馬区演奏家協会会員。 日本演奏連盟会員。

社会福祉協議会

施設案内

在宅福祉

地域福祉

学童クラブ

相談・支援

 

流山市社協応援ソング
ありがとう。流山 / ETERNAL JOURNEY

福祉のまちづくり、やさしいまちづくりにご賛同くださった ETERNAL JOURNEY のおふたりが流山の皆さんに向けて作られた曲です。