menu

総合支援資金(コロナ特例)の再貸付について

公開日:2021年08月18日 カテゴリー:新着情報 タグ:

総合支援資金(コロナ特例)の再貸付について

コロナ特例の緊急小口資金と総合支援資金(3か月間)の借入が終了した世帯に対し、千葉県社会福祉協議会より、総合支援資金の再貸付についてのご案内の文書が郵送されています。
※文書は「転送不要」の特定記録郵便で郵送されます。

送付された文書にある事項をよくご確認していただき、申込書等の必要書類を弊会まで郵送にてご申請ください。(新型コロナウイルス感染拡大の状況を踏まえ、窓口での混雑を避ける必要がありますので、基本的に郵送でのご申請とします。)

対象となるのは、下記の要件のすべてに該当する世帯です。
①これまでの間に、コロナ特例の緊急小口資金および総合支援資金の貸付が終了した世帯
②再貸付の申請に際し、自立相談支援機関(流山市の場合は「流山市くらしサポートセンターユーネット」)による支援を受けることに同意している世帯

※なお、前回(総合支援資金および総合支援資金延長貸付)申請時より、転居されている方は、速やかに弊会貸付担当までご連絡ください(住所変更届及び新居の住民票をご提出いただく必要があります)住所変更の手続きがされていない場合は、郵便転送を設定していても、通知が届きませんので、ご注意ください。

また、再貸付及び延長貸付の申請書等の書式は、対象者以外の方からの誤った申請を防ぐため、千葉県社協及び弊会ホームページからのダウンロードはできません。対象となる方で、案内文書等が届いていない方は、弊会に個別にお問い合わせください。

詳しくはこちら 千葉県社会福祉協議会

また、再貸付の申請後につきましては、千葉県社会福祉協議会が審査を行い、決定までにおよそ1カ月程度かかります。
弊会に決定及び振込日の確認のお問い合わせを多数いただいておりますが、審査を迅速に進めるため、千葉県社会福祉協議会への個別の確認はできかねます。
お待たせして誠に申し訳ございませんが、決定・貸付金のお振込みまで今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。

お問い合わせ 流山市社会福祉協議会 電話04-7159-4735

社会福祉協議会

施設案内

在宅福祉

地域福祉

学童クラブ

相談・支援

 

民Say! Rap!
晋平太がラップを監修!全国23万人の民生委員・児童委員の思いよ届け

現在、流山市内では180人の、全国では23万人の民生委員児童委員の皆さんが地道な福祉活動を続けてくださっています。
その思いやミッションを知っていただこうと、流山市社会福祉協議会では、全国民生委員児童委員連合会からの応援依頼を受け、令和元年8月にオール流山ロケで行われたYouTubeの撮影をお手伝いさせていただきました。
ぜひ、ご覧ください。