menu

共同募金

「赤い羽根」共同募金

民間団体の支援と、市民のやさしさや思いやりを届ける運動として

「赤い羽根」で親しまれている共同募金は、民間の運動として戦後直後の昭和22年に、市民が主体の取り組みとしてスタートしました。当初は戦後復興の一助として、戦争の打撃をうけた福祉施設を中心に資金支援する活動としての機能を果たしてきました。
その後、「社会福祉事業法(平成12年社会福祉法に改正)」という法律をもとに「民間の社会福祉の推進」に向けて、社会福祉事業の推進のために活用されてきました。
そして70年を超えた今、社会が大きく変化する中で、さまざまな地域福祉の課題解決に取り組む、民間団体を支援する仕組みとして、また、市民のやさしさや思いやりを届ける運動として、共同募金は市民主体の運動を進めています。

全国レベルの中央共同募金会を中心に、都道府県単位の共同募金会、そして、千葉県共同募金会流山市支会は、流山市社会福祉協議会の中に事務局を置き、毎年、10月1日から3月31日まで実施され、自治会や事業所、学校などへのご協力のお願いをはじめ、街頭募金やイベント募金などの活動を続けています。
共同募金は、住民自らの行動を応援する、「自分の町を良くするしくみ。」です。
ご理解、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

お預かりした募金は、全額を千葉県共同募金会に送金した後、翌年度に約3割が広域助成として県内の社会福祉施設や福祉活動団体などのほか、大規模災害に備えた災害等準備金として活用され、約7割が地域助成として社会福祉協議会を通じて様々な地域福祉活動や流山市内の福祉活動団体などのために役立てられています。

「歳末たすけあい募金」

支援を必要としている人々が安心して暮らすことができるように

歳末たすけあい募金は、地域で安心して暮らすことができるようにと、共同募金運動の一環として毎年12月1日から31日の間実施されています。お預かりした募金は、すべて流山市の福祉活動に使われます。流山市社会福祉協議会を通じて、新たな年を迎える時期に援護を必要とする世帯や小規模作業所等への支援のほか、地域福祉活動の推進に役立てられています。

千葉県共同募金会
http://www.akaihane-chiba.jp/

中央募金会
http://www.akaihane.or.jp/

 

 

 

 

平成30年10月20日(土)、流山市文化会館で開催された赤い羽根共同募金チャリティ企画「子育てコンサート」で、ご出演された曽根麻央トリオの皆さんと客席の皆さんが一緒に歌った赤い羽根の応援ソング「赤の絆」(曽根麻央さん作詞作曲)です。ぜひ、お聴きください。

下の矢印をクリックすると曲が再生されます。

楽譜と歌詞のダウンロードはこちらから
お問い合わせは、ボランティアセンターまで
04-7159-4939

 

社会福祉協議会

施設案内

在宅福祉

地域福祉

学童クラブ

相談・支援

 

民Say! Rap!
晋平太がラップを監修!全国23万人の民生委員・児童委員の思いよ届け

現在、流山市内では157人の、全国では23万人の民生委員児童委員の皆さんが地道な福祉活動を続けてくださっています。
その思いやミッションを知っていただこうと、流山市社会福祉協議会では、全国民生委員児童委員連合会からの応援依頼を受け、令和元年8月にオール流山ロケで行われたYouTubeの撮影をお手伝いさせていただきました。
ぜひ、ご覧ください。