menu

共同募金

「赤い羽根」共同募金

民間団体の支援と、市民のやさしさや思いやりを届ける運動として

「赤い羽根」で親しまれている共同募金は、民間の運動として戦後直後の昭和22年に、市民が主体の取り組みとしてスタートしました。当初は戦後復興の一助として、戦争の打撃をうけた福祉施設を中心に資金支援する活動としての機能を果たしてきました。
その後、「社会福祉事業法(平成12年社会福祉法に改正)」という法律をもとに「民間の社会福祉の推進」に向けて、社会福祉事業の推進のために活用されてきました。
そして70年を超えた今、社会が大きく変化する中で、さまざまな地域福祉の課題解決に取り組む、民間団体を支援する仕組みとして、また、市民のやさしさや思いやりを届ける運動として、共同募金は市民主体の運動を進めています。

全国レベルの中央共同募金会を中心に、都道府県単位の共同募金会、そして、千葉県共同募金会流山市支会は、流山市社会福祉協議会の中に事務局を置き、自治会や事業所、学校などへのご協力のお願いをはじめ、街頭募金やイベント募金などの活動を続けています。
共同募金は、住民自らの行動を応援する、「自分の町を良くするしくみ。」です。
ご理解、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

 

千葉県共同募金会
 http://www.akaihane-chiba.jp/

中央募金会
 http://www.akaihane.or.jp/

 

お問い合わせは、福祉総務課総務係まで
04-7159-4735

 
 

社会福祉協議会

施設案内

在宅福祉

地域福祉

学童クラブ

相談・支援

 

流山市社協応援ソング
ありがとう。流山 / ETERNAL JOURNEY

福祉のまちづくり、やさしいまちづくりにご賛同くださった ETERNAL JOURNEY のおふたりが流山の皆さんに向けて作られた曲です。