menu

会長挨拶

ご挨拶

  明けましておめでとうございます。

皆様には穏やかな新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
昨年は、流山市民の皆様の平均寿命が男女共に千葉県内で一位であることが発表されました。そうした中、介護保険事業を運営している流山市社会福祉協議会では、流山市ケアセンターまつりを初めて開催したのをはじめ、江戸川学園おおたかの森専門学校での介護イベントに参加するなどさまざまな機会を通じて介護に対する関心を深めていただくよう活動を展開したところです。
今年も南部地域包括支援センターをはじめ訪問介護事業や居宅介護支援事業、デイサービス事業、認定調査業務などを通じ、誰もが自分らしく安心して暮らせるまちづくりを目指して活動を展開して参ります。
また、昨年は、記録的な猛暑をはじめ大阪府北部地震や平成30年7月豪雨、北海道胆振東部地震、そして台風や竜巻など大きな自然災害が相次いだ年でした。
流山市社会福祉協議会としましても被災地に職員を派遣し、そこで得た体験や知識を職場で共有するため自主研修会を開き、非常時に備えた訓練を行うなど災害時への備えを充実させたところです。
急激な高齢化の進行をはじめ生活困窮者の自立支援、孤立・孤独、虐待、災害時要配慮者など地域福祉を取り巻く課題は多岐にわたり、複雑化、深刻化しています。流山市社会福祉協議会は、民生委員・児童委員、行政など関係機関・団体はもとより自治会など地域の皆様と手を携え、地域福祉の充実を目指して参る所存でございます。
今年もご指導、ご鞭撻を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

平成31年1月

社会福祉法人 流山市社会福祉協議会
会長 鈴木 孝夫

社会福祉協議会

施設案内

在宅福祉

地域福祉

学童クラブ

相談・支援

 

流山市社協応援ソング
カモンベイビィ音頭/ 松下貴之慎
福祉のまちづくり、やさしいまちづくりにご賛同くださった松下貴之慎さんが流山の皆さんに向けて作られた曲です。