menu
Arrow
Arrow
Shadow
Slider
 
民間の社会福祉活動を推進し、営利を目的としない民間組織です。

官民一体となった社会福祉活動の拠点となっています。

流山市社会福祉協議会では、さまざまな在宅福祉支援事業を行なっております。

「赤い羽根」共同募金を始め、さまざまな地域福祉事業を行なっております。

就労形態の多様化や子育て世代の増加で、毎年入所希望者が増加しています

定期的に相談所を開設し、具体的な助言や情報提供を行っていきます。

 

流山市社会福祉協議会とは?


流山市社会福祉協議会は、市民の皆様をはじめ、民生委員児童委員協議会や自治会、ボランティア等関係団体とともに、『誰もが自分らしく安心して暮らせるまちづくり』を目指し、様々な地域福祉活動を展開している法人です。
社会福祉協議会(略して、「社協」と呼ばれています。)は、社会福祉法109条に基づき、全国・都道府県・市区町村の単位にそれぞれ組織されています。地域住民や社会福祉関係者等の参加協力を得ながら活動を展開するということで、民間としての「自主性」と広く住民や社会福祉関係者に支えられている「公共性」という二つの側面を持った法人です。

流山市社協は、昭和42年10月21日に任意の民間団体として設立され、昭和51年11月16日に社会福祉法人として認可(現厚生労働大臣認可)されました。

 

主な事業内容